Kaspersky Security Center と Kaspersky Security Center Cloud コンソールの比較

2024年4月15日

ID 187522

Kaspersky Security Center を次の用途で使用できます:

  • クラウドソリューションとしての使用

    Kaspersky Security Center がクラウド環境にインストールされており、管理サーバーへのアクセスがサービスとして提供されます。ネットワークのセキュリティシステムをクラウドベースの管理コンソール(Kaspersky Security Center Cloud コンソール)で管理します。このコンソールのインターフェイスは、Kaspersky Security Center Web コンソールと同じです。

  • オンプレミスソリューションとしての使用(Windows ベースまたは Linux ベース)

    Kaspersky Security Center をローカルデバイスにインストールし、ネットワークのセキュリティシステムを MMC ベースの管理コンソール、または Kaspersky Security Center Web コンソールで管理します。

    Windows ベースの製品に加え、Kaspersky Security Center Linux も利用できます。Kaspersky Security Center Linux は、Linux のみの環境における要件を満たすため、Linux ベースの管理サーバーを使用して、Linux デバイスの保護を導入および管理するように設計されています。Windows ベースの Kaspersky Security Center と Kaspersky Security Center Linux には異なる機能が搭載されています

次の表で、Kaspersky Security Center と Kaspersky Security Center Cloud コンソールの主な機能を比較できます。

オンプレミスで実行される Kaspersky Security Center、およびクラウドソリューションとして実行される Kaspersky Security Center の機能の比較

 

機能またはプロパティ

Kaspersky Security Center 14(オンプレミスで実行)

Kaspersky Security Center Cloud コンソール

管理サーバーの位置

オンプレミス

クラウド

データベース管理システム(DBMS)の位置

オンプレミス

クラウド

Web ベースの管理コンソール

使用する

使用する

管理サーバーと DBMS のメンテナンス

顧客が管理

カスペルスキーが管理

管理サーバーの階層構造

使用する

使用する

(Kaspersky Security Center Cloud コンソールの管理サーバーは階層のプライマリ管理サーバーとしてのみ動作し、ポリシーとタスクの監視用にのみ使用できます)

管理グループの階層

使用する

使用する

管理対象デバイスと関連オブジェクトの、オンプレミスの Kaspersky Security Center から Kaspersky Security Center Cloud コンソールへの移行

使用する

使用する

ネットワークポーリング

使用する

使用する

(ディストリビューションポイントを使用してのみ)

管理対象デバイスの最大数

100000

25,000

Windows、Linux、macOS の管理対象デバイスの保護

使用する

使用する

モバイルデバイスの保護

使用する

使用する

(Kaspersky Endpoint Security for Android および Kaspersky Security for iOS のみがサポートされています)

パブリッククラウドインフラストラクチャの保護

使用する

使用する

デバイスベースのセキュリティ管理

使用する

使用する

製品ポリシー

使用する

使用する

カスペルスキー製品のタスク

使用する

使用する

Kaspersky Security Network

使用する

使用する

KSN プロキシサーバー

使用する

使用する

(ディストリビューションポイントでのみ)

Kaspersky Private Security Network

使用する

いいえ

カスペルスキー製品のライセンスの一元的な配信

使用する

使用する

別の管理サーバーへの管理対象デバイスの切り替え

使用する

いいえ

(別の管理サーバーに切り替えるには、管理対象デバイスのネットワークエージェントを再インストールする必要があります)

仮想管理サーバーのサポート

使用する

使用する

サードパーティ製ソフトウェアのアップデートのインストールと脆弱性の修正

使用する

使用する

(サードパーティ製品の脆弱性を修正するために、推奨の修正のみがインストール可能です)

管理対象デバイスで発生したイベントについての通知

使用する

使用する

ユーザーアカウントの作成と管理

使用する

使用する

データベース内のイベント数の上限

400,000

(最大 45,000,000 まで増やすことができます)

400,000

(管理対象デバイスの数に依存します)

SIEM システムとの統合

使用する

使用する

(Syslog 形式と TLS over TCP プロトコルの使用によってのみ)

WSUS サーバーとしての管理サーバーの使用

使用する

いいえ

ポリシーとタスクのステータスの監視

使用する

使用する

管理グループのクラスターとサーバーアレイのサポート

使用する

(MMC ベースの管理コンソールのみ)

いいえ

オペレーティングシステムのリモートインストール

使用する

いいえ

SNMP サポート

使用する

いいえ

関連項目:

各ライセンスのライセンス数とデバイスの最小数

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。