クイックスタートウィザードの起動

2024年4月15日

ID 188031

会社のワークスペースの作成後、Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初回の起動時に、Kaspersky Security Center Cloud コンソールからクイックスタートウィザードを実行するよう自動的に要求されます。また、クイックスタートウィザードはいつでも手動で起動できます。

クイックスタートウィザードを再度起動した場合、ウィザードの前回の実行で作成されたタスクとポリシーは再び作成されません。

クイックスタートウィザードを手動で起動するには:

  1. メインメニューで、管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 全般]タブで、[全般]セクションを選択します。
  3. クイックスタートウィザードを開始]をクリックします。

または、[検出と製品の導入]→[導入と割り当て]→[クイックスタートウィザード]の順に選択して、クイックスタートウィザードを起動できます。

ウィザードにより、Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初期設定を実行するよう要求されます。ウィザードの指示に従ってください。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。ウィザードで前のステップに戻るには、[戻る]を使用します。

関連項目:

クイックスタートウィザードの概要

ステップ 1:ダウンロードするインストールパッケージの選択

ステップ 2:プロキシサーバーの設定

ステップ 3:Kaspersky Security Network の設定

ステップ 4:サードパーティ製品のアップデート管理設定

ステップ 5:基本的なネットワーク保護の設定情報の作成

ステップ 6:クイックスタートウィザードの終了

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。