クイックスタートウィザードの概要

2024年4月15日

ID 191740

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのクイックスタートウィザードでは、必要最小限のタスクとポリシーを作成し、設定を最小限に調整して、カスペルスキー製品のインストールパッケージの作成を開始できます。ウィザードを使用すると、Kaspersky Security Center Cloud コンソールで次のような変更を実行できます:

  • 管理対象のカスペルスキー製品のインストールパッケージのダウンロードを開始します。
  • Windows、Linux、または macOS を実行しているデバイス用に、ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージを作成します。
  • Kaspersky Security Center ネットワークエージェントのポリシーを作成します。
  • ディストリビューションポイントのリポジトリにアップデートをダウンロードタスクを作成します。
  • 管理対象のカスペルスキー製品のポリシーとタスクを作成します。
  • Kaspersky Security Network(KSN)との対話を設定します。

クイックスタートウィザードの完了後、[検出と製品の導入]→[導入と割り当て]の順に選択すると、[インストールパッケージ]のリストにネットワークエージェントのインストールパッケージと管理対象のカスペルスキー製品が表示されます。

[管理対象デバイス]グループで該当するポリシーが作成されている場合を除き、クイックスタートウィザードでは Kaspersky Endpoint Security for Windows などの管理対象アプリケーションのポリシーが作成されます。クイックスタートウィザードでは、[管理対象デバイス]グループに同じ名前のタスクが作成されていない場合にタスクを作成します。

会社のワークスペースの作成後、Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初回の起動時に、Kaspersky Security Center Cloud コンソールからクイックスタートウィザードを実行するよう自動的に要求されます。また、クイックスタートウィザードはいつでも手動で起動できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。