ステップ 2:エクスポートファイルを Kaspersky Security Center Cloud コンソールにインポート

2024年4月15日

ID 195040

管理対象デバイス、オブジェクト、および Kaspersky Security Center Web コンソールからエクスポートした設定に関する情報を転送するには、ワークスペースに展開されている Kaspersky Security Center Cloud コンソールにインポートする必要があります。これにより、スタンドアロンインストールパッケージを作成し、管理対象デバイスへのネットワークエージェントの再インストールに使用できます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールで移行ウィザードを開始する前に、現在のローカリゼーション言語がエクスポートプロセス中の Kaspersky Security Center Web コンソール言語と同じであることを確認してください。必要に応じて言語を切り替えます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの自身の作業領域でクイックスタートウィザードを以前に完了している場合は、[管理対象デバイス]グループには、既定の設定で作成されたポリシーとタスクが含まれます。Kaspersky Security Center Web コンソールからエクスポートしたものをインポートする前に、これらのポリシーとタスクを削除してください。

エクスポートファイルを Kaspersky Security Center Cloud コンソールにインポートする方法:

  1. Kaspersky Security Center Cloud コンソールのメインメニューで、[操作]→[移行]の順にクリックします。
  2. ウィザードの最初のページで、[インポート]をクリックします。ファイルエクスプローラーのウィンドウが表示されます。保存したフォルダーを参照してエクスポートファイルを選択し、[開く]をクリックします。ファイルのアップロードステータスの横にある更新アイコン()が緑色のチェックマーク()に変わるまで待ちます。
  3. 次へ]をクリックします。次のページが開き、Kaspersky Security Center Cloud コンソールに、管理サーバーの管理グループの階層全体が表示されます。
  4. グループオブジェクトを復元するターゲットの管理グループの横にあるチェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。移行ウィザードには、Kaspersky Security Center Cloud コンソールで使用可能なネットワークエージェントのインストールパッケージのリストが表示されます。
  5. 含まれているバージョンやネットワークエージェントの言語版が適当なインストールパッケージを選択し、[次へ]をクリックします。

    お手元の Kaspersky Security Center Cloud コンソールの作業領域でクイックスタートウィザードを以前に完了していて、Windows デバイスで移行を実行している場合にのみ、Kaspersky Network Agent for Windows インストールパッケージをオンにしてください。

    移行ウィザードがスタンドアロンインストールパッケージを作成するまで待ちます。ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージの最大ファイルサイズは 200 MB です。

    ファイルは解凍され、ブラウザー設定で定義された既定のダウンロード場所に自動的にダウンロードされます。非グループオブジェクトとグループオブジェクトがターゲット管理グループに復元されます。

    インポートが完了すると、エクスポートされた管理グループの構造(デバイスの詳細を含む)が、選択したターゲットの管理グループの下に表示されます。復元するオブジェクトの名前が既存のオブジェクトの名前と同じである場合、復元されたオブジェクトには増分サフィックスが追加されます。

    管理対象デバイス]グループ全体をインポートした場合、競合を回避するために、新しくインポートしたサブグループの名前を変更することを推奨します:

    1. グループ階層構造]セクションに移動します。
    2. グループツリーでサブグループの名前をクリックします。
    3. プロパティウィンドウが開くので、[名前]に別の名前を入力します(たとえば、「移行されたデバイス」)。

    エクスポート範囲に含まれるオブジェクト(ポリシー、タスク、および管理対象デバイス)が Kaspersky Security Center Cloud コンソール に正常にインポートされているかどうかを確認することを推奨します。[アセット(デバイス)]セクションに移動し、インポートされたオブジェクトが[ポリシーとプロファイル]、[タスク]、および[管理対象デバイス]サブセクションでリストに表示されているかどうかを確認します。

    移行ウィザードを最小化して、インポート中に他の操作を同時に実行することはできません。オブジェクトのリスト内のすべてのアイテムの横にある更新アイコン()が緑色のチェックマーク()に変わり、インポートが完了するまで待ちます。この後、デバイスは Kaspersky Security Center Cloud コンソールへの切り替えを開始します。

  6. 終了]をクリックして移行ウィザードを終了します。
  7. スタンドアロンインストールパッケージを再度検索してダウンロードする場合は、[検出と製品の導入]→[導入と割り当て]→[インストールパッケージ]に移動し、[スタンドアロンパッケージリストの表示]をクリックします。表示されるリストから、作成したスタンドアロンインストールパッケージを選択し、[ダウンロード]をクリックします。

    Kaspersky Security Center Web コンソールと Kaspersky Security Center Cloud コンソールを異なるデバイスで使用する場合は、スタンドアロンインストールパッケージをリムーバブルドライブにコピーするか、その他のファイル転送方法を選択する必要があります。

関連項目:

管理サーバーの階層を使用しない移行

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。