管理対象アプリケーションが機能するために必要なデータ

2024年4月15日

ID 195128

次の管理対象アプリケーションによって、データがネットワークエージェント経由でデバイスから管理サーバーに送信されます:

  • Kaspersky Endpoint Security for Windows
  • Kaspersky Endpoint Security for Linux
  • Kaspersky Endpoint Security for Mac
  • Kaspersky Endpoint Agent
  • Kaspersky Security for Windows Server
  • Kaspersky Security for Mobile
  • Kaspersky Embedded Systems Security for Windows
  • Kaspersky Embedded Systems Security for Linux

処理されるデータについては、https://ksc.kaspersky.com/Home/LegalDocuments の「Kaspersky Security Center Cloud Console Data Processing Agreement」に記載されています。法的文書の Web ページで「Kaspersky Security Center Cloud Console Agreement」という名前のテキストブロックを見つけ、該当する管理対象アプリケーションで管理されるデバイスのデータについて記載されている部分までテキストブロックをスクロールします。このため、ブラウザーの標準検索機能も使用できます。

関連項目:

互換性のあるカスペルスキーのアプリケーションとソリューション

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。