Kaspersky Security Center Cloud コンソールの概要

2024年4月15日

ID 195506

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、組織内でデバイスの保護を担当する企業ネットワーク管理者および従業員を対象としています。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールでは、次のような操作が可能です:

  • ネットワーク上のデバイスへのカスペルスキー製品のインストールおよびインストールされた製品の管理。
  • 管理グループの階層を作成して、いくつかのクライアントデバイスを 1 つの単位として管理する。
  • 仮想管理サーバーを作成し、階層に配置する。
  • ワークステーションやサーバーを含む、ネットワークデバイスを保護する:
    • カスペルスキー製品で構築されたアンチマルウェアによる保護システムを管理する。
    • 次のような、検知とレスポンス(EDR および MDR)の機能を使用する(Kaspersky Endpoint Detection and Response または Kaspersky Managed Detection and Response のライセンスが必要):
      • インシデントの分析と調査
      • 脅威の活動連鎖の図表の作成によるインシデントの可視化
      • レスポンスに対する手動の許可または拒否、またはすべてのレスポンスに対する自動許可の設定
  • Kaspersky Security Center Cloud コンソールをマルチテナントアプリケーションとして使用する。
  • クライアントデバイスにインストールされているカスペルスキー製品をリモートで管理する。
  • クライアントデバイスに対するカスペルスキー製品のライセンスの一元的な配信を実行する。
  • ネットワーク上のデバイスのセキュリティポリシーを作成して管理する。
  • ユーザーアカウントを作成して管理する。
  • ユーザーロールを作成して管理する(RBAC)。
  • ネットワーク上のデバイスにインストールされた製品のタスクを作成して管理する。
  • 各クライアント組織のセキュリティシステムのステータスに関するレポートを個別に表示する。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、ブラウザーを使用してデバイスと管理サーバーとのインタラクションが確実に行われるようにする、クラウドベースの管理コンソールを使用して管理します。管理サーバーは、ネットワーク内のデバイスにインストールされたカスペルスキー製品の管理を目的として設計されたアプリケーションです。ブラウザーを使用して Kaspersky Security Center Cloud コンソールに接続する場合、ブラウザーは Kaspersky Security Center Cloud コンソールサーバーとの接続を確立します。

管理サーバーと、接続されたデータベース管理システム(DBMS)はクラウド環境に展開されており、サービスとしてユーザーに提供されます。管理サーバーと DBMS 双方のメンテナンスはサービスの一部です。Kaspersky Security Center Cloud コンソールのすべてのソフトウェアコンポーネントが最新状態に維持されます。管理サーバーと作成されたオブジェクト(ポリシーやタスクなど)は、安全性を維持するため定期的にバックアップされます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは多言語で利用できます。本製品を開き直さずに、任意のタイミングでインターフェイスの言語を変更できます。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初期設定

Kaspersky Security Center Cloud コンソールで使用されるポート

ローカルアプリケーション設定とポリシーの関連付け

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。