脆弱性とパッチ管理の制限事項

2024年4月15日

ID 196148

脆弱性とパッチ管理機能には、使用するライセンスと Kaspersky Security Center Cloud コンソールが機能しているモードに応じて、複数の制限事項があります。

次のライセンスでは、脆弱性とパッチ管理がサポートされません:

  • Kaspersky Endpoint Security for Business Select
  • Kaspersky Hybrid Cloud Security

次のライセンスでは、脆弱性とパッチ管理がサポートされます:

  • Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced
  • Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum
  • Kaspersky Total Security for Business
  • Kaspersky Hybrid Cloud Security Enterprise

次の表で、脆弱性とパッチ管理がサポートされないライセンスと、サポートされるライセンスについて、試用モードの Kaspersky Security Center Cloud コンソールの制限事項を比較します。

脆弱性とパッチ管理の制限事項

 

制限

試用モード

製品モード:脆弱性とパッチ管理がサポートされないライセンス

製品モード:脆弱性とパッチ管理がサポートされるライセンス

Windows Update 更新プログラムのインストール]タスクまたは[脆弱性の修正]タスク数の上限

4

4

0(この種別の新しいタスクは作成できません)

アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスク数の上限

2

サポートされていません

4

すべての[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクにおけるルール数の上限

10

サポートされていません

50

同時に承認ステータスを設定できるソフトウェアのアップデート数の上限

100

サポートされていません

1000

手動でタスクに追加できるソフトウェアのアップデート数の上限

500

1000

1000

手動でタスクに追加できるソフトウェアの脆弱性の数の上限

500

1000

1000

関連項目:

シナリオ:ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。