脆弱性の修正タスクの作成

2024年4月15日

ID 201980

すべて表示 | すべて非表示

脆弱性の修正]タスクを使用すると、Windows を実行している管理対象デバイスの Microsoft ソフトウェアの脆弱性を修正できます。

この機能を使用できるかどうかは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのモードと現在のライセンスによって異なります。[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクを、[脆弱性の修正]の代わりに使用することを推奨します。[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクを使用すると、定義したルールに従って、複数の更新をインストールし、複数の脆弱性を自動的に修正できます。

ソフトウェアのアップデートのインストールタスクにはいくつかの制限があります。これらの制限は、Kaspersky Security Center Cloud コンソールで使用しているライセンスと、Kaspersky Security Center Cloud コンソールが機能しているモードによって異なります。

管理対象デバイス上のサードパーティアプリケーションをアップデートしたり、サードパーティアプリケーションの脆弱性を修正したりする場合、ユーザーの操作が必要になる場合があります。たとえば、サードパーティのアプリケーションが起動している場合、終了するように指示される場合があります。

脆弱性の修正タスクを作成するには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[ タスク]の順に移動します。
  2. 追加]をクリックします。

    新規タスクウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. Kaspersky Security Center Cloud コンソールを対象アプリケーションとするタスクから、[脆弱性の修正]タスク種別を選択します。
  4. 作成中のタスク名を入力します。

    タスク名は 100 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。

  5. タスクを割り当てるデバイスを選択します。
  6. 追加]をクリックします。

    脆弱性のリストが表示されます。

  7. 修正する脆弱性を選択し、[OK]をクリックします。
  8. OS の再起動設定を指定します。
    • デバイスを再起動しない
    • デバイスを再起動する
    • ユーザーに処理を確認する
    • 通知の繰り返し間隔(分)
    • 再起動するまでの時間(分)
    • セッションがブロックされたアプリケーションを強制終了する
  9. 次のようにアカウントの設定を指定します。
    • 既定のアカウント
    • アカウントの指定
    • アカウント
    • パスワード
  10. タスク作成の終了]ページで[タスクの作成が完了したらタスクの詳細を表示する]をオンにした場合、既定のタスク設定を編集できます。このオプションをオフにすると、既定の設定でタスクが作成されます。既定の設定からの変更は、後からいつでも実行できます。
  11. 終了]をクリックします。

    タスクが作成され、タスクリストに表示されます。

  12. 作成したタスクの名前をクリックし、タスクのプロパティウィンドウを開きます。
  13. タスクのプロパティウィンドウで、タスクの全般的な設定を指定します。
  14. 保存]をクリックします。

タスクが指定した設定で作成されます。

関連項目:

[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの作成

ソフトウェア脆弱性の修正

シナリオ:ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。