試用モード、製品モード、および様々なライセンスオプションで使用できる脆弱性とパッチ管理機能

2024年4月15日

ID 212470

脆弱性とパッチ管理機能を Kaspersky Security Center Cloud コンソールで利用できるかどうかは、この製品を試用モードで利用するか、製品モードで利用するか、また選択したライセンスオプションによって異なります。表を使用して、脆弱性とパッチ管理のどの機能が使用可能かを確認してください。

脆弱性とパッチ管理機能の可用性

脆弱性とパッチ管理機能

試用モード

製品モード:Kaspersky Endpoint Security for Business Select

製品モード:Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced、Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum、Kaspersky Total Security for Business

Windows を実行している管理対象デバイスの Microsoft ソフトウェアに存在する脆弱性の手動修正

脆弱性の修正]タスクの作成

使用する

使用する

いいえ

Windows を実行している管理対象デバイスの Microsoft ソフトウェアに対するアップデートの手動インストール

Windows Update 更新プログラムのインストール]タスクを使用した、サードパーティ製ソフトウェアのアップデートのインストール

いいえ

使用する

使用する

ルールベースによるサードパーティ製ソフトウェアのアップデートの自動インストールと脆弱性の自動修正

アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの作成とアップデートのインストール

アップデートインストールのルールの追加

使用する

いいえ

使用する

関連項目:

シナリオ:ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。