ディストリビューションポイントのプッシュサーバーとしての使用

2024年4月15日

ID 219573

Kaspersky Security Center Cloud コンソールでは、ディストリビューションポイントは、ネットワークエージェントによって管理される Windows ベースおよび Linux ベースのデバイスのプッシュサーバーとして機能できます。プッシュサーバーの管理デバイスの範囲は、プッシュサーバーを有効にするディストリビューションポイントの範囲と同じです。同一の管理グループに複数のディストリビューションポイントを割り当てている場合は、各ディストリビューションポイントに対してプッシュサーバーを有効に設定できます。この場合、管理サーバーはディストリビューション間の負荷を分散します。

ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用して、管理対象デバイスと管理サーバー間の継続的な接続を確認できます。ローカルタスクの実行と停止、管理対象アプリケーションの統計の受信、トンネルの作成など、一部の操作には継続的な接続が必要です。ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用する場合は、ネットワークエージェントの UDP ポートにパケットを送信する必要はありません。

ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用するには:

  1. メインメニューで、目的の管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 全般]タブで、[ディストリビューションポイント]セクションを選択します。
  3. プッシュサーバーとして使用するディストリビューションポイントをクリックします。
  4. 選択したディストリビューションポイントのプロパティリストで、[全般]セクションに移動し、[プッシュサーバーを実行]をオンにします。

    プッシュサーバーのポート]入力フィールドが使用可能になります。

  5. プッシュサーバーのポート]入力フィールドで、クライアントデバイスの接続に使用されるディストリビューションポイントのポートを指定します。既定では、ポート 13295 が使用されます。

    プッシュサーバーとして機能するディストリビューションポイントと管理対象デバイスとの間の接続を確立するには、指定したプッシュサーバーのポートを Microsoft Windows ファイアウォールの除外リストに手動で追加する必要があります。

  6. OK]をクリックしてディストリビューションポイントのプロパティウィンドウを終了し、[保存]をクリックして変更を適用します。

    プッシュサーバーを実行]をオンにすると、プッシュサーバーとして機能するディストリビューションポイントで[管理サーバーから切断しない]が自動的にオンになります。このオプションは、ネットワークエージェントと管理サーバー間の早期接続を提供します。

  7. ネットワークエージェントのポリシーの設定]ウィンドウを開きます。
  8. 接続]→[ネットワーク]の順に移動し、[ディストリビューションポイントを使用して管理サーバーへ強制的に接続する]をオンにします。このオプションのロックをオフにします。
  9. また、[ネットワーク]サブセクションで、[UDP ポートを使用する]をオフにすることもできます。設定されたプッシュサーバーは、UDP ポート経由でパケットを送信する代わりに、管理対象デバイスと管理サーバー間の継続的な接続を提供します。
  10. OK]をクリックして、ウィンドウを閉じます。

ディストリビューションポイントがプッシュサーバーとしての動作を開始します。クライアントデバイスへのプッシュ通知が送信可能になります。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールで使用されるポート

ディストリビューションポイント

ディストリビューションポイントと接続ゲートウェイの調整

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。