対応済みの脆弱性に関する情報を保管する期間

2024年4月15日

ID 222383

管理対象デバイス上ですでに対応済みの脆弱性に関する情報をデータベースに保管する期間を設定するには:

  1. メインメニューで、目的の管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 表示されたページで、[イベントリポジトリ]タブに移動します。
  3. 対応済みの脆弱性に関する情報をデータベースに保管する期間を指定します。

    既定の保管する期間は、試用モードで 7 日間、製品モードで 60 日間です。上限は、試用モードで 14 日間、製品モードで 365 日間です。

  4. 保存]をクリックします。

脆弱性に関する情報をデータベースに保管する期間が指定した日数に制限されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。