シナリオ:仮想サーバーで管理されている管理グループからのデバイスの移動

2024年4月15日

ID 223067

仮想管理サーバーでの顧客の管理が必要になる場合があります。オンプレミスの Kaspersky Security Center から Kaspersky Security Center Cloud コンソールにデバイスとその他の項目を移行した場合、デバイスは管理グループに配置されます。仮想管理サーバーを使用して顧客のデバイスを管理するには、管理グループから仮想管理サーバーの管理下にデバイスを移動する必要があります。

必須条件

各顧客に仮想管理サーバーを作成した。

各顧客のすべてのデバイスが個別の管理グループに配置されている。

実行するステップ

このシナリオは段階的に進行します:

  1. ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージの作成

    作成した各仮想管理サーバーに切り替えて、ネットワークエージェントのスタンドアロンインストールパッケージを作成します。メインメニューで現在の管理サーバー名の右側にあるシェブロンアイコン()をクリックして、必要な管理サーバーを選択すると、管理サーバーを切り替えることができます。

  2. スタンドアロンインストールパッケージのダウンロード

    前のステップで作成したスタンドアロンインストールパッケージをダウンロードします。

  3. 各スタンドアロンインストールパッケージのアーカイブの作成

    使用可能なアーカイブ種別は ZIP、CAB、TAR、または TAR.GZ です。

  4. ネットワークエージェントのカスタムインストールパッケージの作成

    ネットワークエージェントのカスタムインストールパッケージを作成します。作成時に、前のステップで作成したアーカイブを使用します。

    このステップはプライマリ管理サーバーで実行します。

  5. リモートインストールタスクの作成

    作成したカスタムインストールパッケージからネットワークエージェントをインストールするリモートインストールタスクを作成します。

    タスクの作成時に、対応する管理グループを指定します。

    このステップはプライマリ管理サーバーで実行します。

  6. 作成したリモートインストールタスクの実行

    ネットワークエージェントがアップデートされます。デバイスが仮想管理サーバーの管理下に移動されます。

  7. ポリシー、タスク、レポートを作成

    必要に応じて、ポリシータスクレポートを作成します。

結果

仮想管理サーバーを使用して、移行された顧客のデバイスを管理できるようになりました。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。