管理対象デバイスへのアクティベーションコードの配信方法

2024年4月15日

ID 223114

管理対象デバイスにインストールされているカスペルスキー製品には、各製品のアクティベーションコードを適用してライセンスを付与する必要があります。管理対象アプリケーションへのライセンス付与にライセンス情報ファイルは使用できません。アクティベーションコードのみ使用できます。アクティベーションコードは次の方法で配信できます:

  • 自動配信
  • 管理対象アプリケーションへのライセンスの追加タスク
  • 管理対象アプリケーションの手動アクティベーション

カスペルスキー製品は同時に 1 つ以上のライセンスを使用することがあります。たとえば、Kaspersky Endpoint Security for Windows は 2 つのライセンスを使用することがあります。1 つは Kaspersky Endpoint Security for Windows 用で、もう 1 つは Endpoint Detection and Response 機能のアクティベーション用です。

さらに、カスペルスキー製品には現在のライセンスに加えて予備のライセンスを設定することができます。カスペルスキー製品は、現時点で現在のライセンスを使用し、現在のライセンスの有効期限が切れた後に適用する予備のライセンスを保存します。上記のいずれかの方法で、新しい現在のライセンスまたは予備のライセンスを追加できます。ライセンスを追加するアプリケーションは、ライセンスが現在のライセンスか予備のライセンスかを定義します。ライセンスの定義は、新しいライセンスの追加方法には依存しません。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのライセンス:シナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。