会社とそのワークスペースへのアクセスの取り消し

2024年4月15日

ID 224448

ユーザーが会社にログインして管理できないようにする場合に(たとえば、ユーザーの退職後など)、会社とそのワークスペースへのアクセス権を取り消すことができます。

自分自身の会社へのアクセス権を取り消すことはできません。

会社とそのワークスペースへのアクセス権を取り消すには:

  1. ブラウザーで、 Kaspersky Security Center Cloud コンソールに移動します。
  2. ユーザー名とパスワードを指定して、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのアカウントにログインします。
  3. 二段階認証を設定した場合は、SMS で送信されるか、認証アプリで生成されるワンタイムセキュリティコードを入力します(設定した二段階認証方法によって異なります)。

    ポータルのページに、管理者として登録されている会社とそのワークスペースのリストが表示されます。

  4. アクセス権管理を表示する]をクリックします。

    会社にアクセス可能なアカウントのリストが展開されます。

  5. アクセスを取り消すアカウントの横にある取り消しごみ箱)アイコンをクリックします。
  6. 会社へのアクセス権の取り消し]ウィンドウで、[OK]をクリックして操作を完了します。

選択したアカウントの、会社とワークスペースへのアクセスが取り消されます。ユーザーは会社にログインして管理することはできなくなります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。