検知とレスポンスの機能の連携後のインターフェイスの変更

2023年12月1日

ID 225206

次のカスペルスキー製品は、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのインターフェイスと連携できる検知とレスポンスの機能を提供します。

次の表では、連携後に製品が Kaspersky Security Center Cloud コンソールのインターフェイスに加える変更を示します。

連携しているカスペルスキー製品によって行われたインターフェイスの変更

解決

Kaspersky Security Center Cloud コンソールでの変更

Kaspersky EDR Optimum

次の項目を追加します:

  • アラート]セクション([監視とレポート]→[アラート])この製品によって検出されたアラートは、[最適]タブに一覧表示されます
  • ダッシュボード]のウィジェット([監視とレポート]→[ダッシュボード])

Kaspersky MDR

 

次の項目を追加します:

  • MDR]セクション([監視とレポート]→[MDR])
  • MDR 機能を表示]オプション([設定]→[インターフェイスのオプションMDR 機能を表示])
  • ダッシュボード]のウィジェット([監視とレポート]→[ダッシュボード])

Kaspersky EDR Expert

次の項目を追加します:

  • アラート]セクション([監視とレポート]→[アラート])この製品によって検出されたアラートは、[Expert]タブに一覧表示されます
  • インシデント]セクション([監視とレポート]→[インシデント])
  • 脅威のルール]セクション([監視とレポート]→[脅威のルール])
  • カスタムルール]セクション([監視とレポート]→[カスタムルール])
  • Kaspersky EDR Expert の全般設定([設定]→[連携]→ [Kaspersky EDR Expert])
  • ダッシュボード]のウィジェット([監視とレポート]→[ダッシュボード])

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。