シナリオ:デバイスの移動による仮想管理サーバーがある場合の移行

2024年4月15日

ID 228022

オンプレミスで実行されている Kaspersky Security Center Webコンソールから Kaspersky Security Center Cloud コンソールへの移行を実行するには、デバイスを仮想管理サーバーからプライマリ管理サーバーに移動します。

必須条件

移行する前に、オンプレミスで実行されている管理サーバーをバージョン 12 以降にアップグレードし、Kaspersky Security Center Cloud コンソールでサポートされるバージョンに管理対象アプリケーションをアップグレードするなど、いくつかの処理を実行する必要があります。

移行のシナリオ

このシナリオは段階的に進行します:

  1. 各仮想管理サーバーに管理グループを作成

    オンプレミスで実行されている Kaspersky Security Center でグループを作成します。

  2. 顧客のデバイスの移動

    オンプレミスで実行されている Kaspersky Security Center で、各仮想管理サーバーから、前の手順で作成したそれぞれの管理グループに顧客のデバイスを移動します。

  3. 移行

    管理サーバーの階層を使用しないネットワークの説明に従って移行を実行します。

  4. 仮想管理サーバーで管理されているデバイスを移動(任意のステップ)

    仮想管理サーバーで顧客を管理する場合は、仮想管理サーバーで管理されている管理グループからデバイスを移動します。

  5. ポリシー、タスク、レポートを作成

    必要に応じて、ポリシータスクレポートを作成します。

結果

移行の完了後に、移行が成功したことを確認できます:

  • ネットワークエージェントは、すべての管理対象デバイスに再インストールされます。
  • すべてのデバイスは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールによって管理されます。
  • 移行前に有効だったオブジェクト設定はすべて維持されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。