ハードニングガイド

2024年4月15日

ID 245736

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、カスペルスキーがホストおよび維持する製品です。ユーザーが Kaspersky Security Center Cloud コンソールをコンピューターまたはサーバーにインストールする必要はありません。Kaspersky Security Center Cloud コンソールにより、管理者はカスペルスキーのセキュリティ製品を企業ネットワークのデバイスにインストールしたり、リモートでスキャンを実行してタスクをアップデートしたり、管理対象アプリケーションのセキュリティポリシーを管理したりできます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、組織のネットワークの基本的な管理と保守の一元化を目的として設計されています。本製品は、管理者が組織のネットワークセキュリティレベルに関する詳細な情報にアクセスすることを可能にします。Kaspersky Security Center Cloud コンソールでは、カスペルスキー製品を使用することにより、構築されたすべての保護コンポーネントを設定することができます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、クライアントデバイスの保護管理に完全にアクセスでき、組織のセキュリティシステムを構成する最も重要なコンポーネントです。したがって、Kaspersky Security Center Cloud コンソールでは、保護方法を強化する必要があります。

ハードニングガイドでは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールとそのコンポーネントの構成に関する推奨事項と機能について説明し、セキュリティ侵害のリスクを軽減することを目的としています。

ハードニングガイドには、次の情報が含まれています:

  • Kaspersky Security Center Cloud コンソールにアクセスするためのアカウントの設定
  • クライアントデバイスの保護管理
  • 管理対象アプリケーションの保護構成
  • サードパーティ製品への情報の転送

Kaspersky Security Center Cloud コンソールでの作業を開始する前に、ハードニングガイドの簡易版を読むように要求されます。

ハードニングガイドを読んだことを確認するまでは、Kaspersky Security Center Cloud コンソールを使用することができませんので、ご注意ください。

ハードニングガイドを読むには:

  1. Kaspersky Security Center Cloud コンソールを開いてログインします。Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、現在のバージョンのハードニングガイドを読んだことを確認したかどうかを確認します。

    ハードニングガイドをまだ読んでいない場合は、ウィンドウが開き、ハードニングガイドの簡易版が表示されます。

  2. 次のいずれかの手順を実行します:
    • ハードニングガイドの簡易版をテキストドキュメントとして表示したい場合は、[新しいウィンドウで開く]をクリックします。
    • ハードニングガイドの完全版を表示するには、[オンラインヘルプで「ハードニングガイド」を開く]をクリックします。
  3. ハードニングガイドを読んだ後、[ハードニングガイドの内容をすべて確認し、理解した上で同意します]をオンにし、[同意する]をクリックします。

これで、Kaspersky Security Center Cloud コンソールを操作できるようになりました。

ハードニングガイドの新しいバージョンが表示されると、Kaspersky Security Center Cloud コンソールはそれを読むように促します。

このセクションの内容

Kaspersky Security Center Cloud コンソールのアーキテクチャ

アカウントおよび認証

クライアントデバイスの保護管理

管理対象アプリケーションの保護構成

サードパーティシステムへのイベント転送

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。