セカンダリ管理サーバーへのインストールパッケージの配布

2024年4月15日

ID 6383

セカンダリ管理サーバーにインストールパッケージを配布するには:

  1. 目的のセカンダリ管理サーバーを制御する管理サーバーとの接続を確立します。
  2. 次のいずれかの方法で、セカンダリ管理サーバーへのインストールパッケージの配布タスクを作成します:
    • 選択した管理グループ内でセカンダリ管理サーバー用のタスクを作成する場合は、そのグループのグループタスクを作成します。
    • 特定のセカンダリ管理サーバー用のタスクを作成するには、デバイスを指定してタスクを作成します。

    新規タスクウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。

    タスク追加ウィザードの[新規タスク]ウィンドウで、[タスク種別]に[インストールパッケージの配布]を選択します。[タスク名]でタスクの既定の名前を編集することもできます。

    次のステップで、タスク範囲のセカンダリ管理サーバーを指定し、新規タスクウィザードの指示に従います。完了すると、選択したインストールパッケージを特定のセカンダリ管理サーバーに配布するタスクが新規タスクウィザードによって作成されます。

    オンプレミスで実行されているセカンダリ管理サーバーに対するインストールパッケージの配布タスクを作成すると、[すべてのインストールパッケージ]または[選択されたインストールパッケージ]のどちらの配布オプションを選択した場合も、配布の範囲(カスタムインストールパッケージは除く)には、オンプレミスで実行されている Kaspersky Security Center Web コンソールでサポートされているカスペルスキー製品のインストールパッケージのみが含まれます。

  3. 手動でタスクを実行するか、タスク設定で指定したスケジュールに基づいてタスクが起動するのを待ちます。

選択したインストールパッケージが指定のセカンダリ管理サーバーにコピーされます。

関連項目:

シナリオ:カスペルスキー製品の初期導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。