仮想マシンのコピーのサポート

2024年4月15日

ID 92482

Kaspersky Security Center Cloud コンソールは、ネットワークエージェントがインストールされた仮想マシンのコピー、またはネットワークエージェントがインストールされたテンプレートからの仮想マシンの作成をサポートしています。

ネットワークエージェントは、次の場合に仮想マシンのコピーを自動的に検出できます:

  • ネットワークエージェントのインストール時に[VDI 向け動的モードを有効にする]をオンにした場合:オペレーティングシステムを再起動するたびに、この仮想マシンは、コピーされたかどうかに依存せず、新しいデバイスとして認識されます。
  • VMware、HyperV、Xen のいずれかのハイパーバイザーが使用されている場合:ネットワークエージェントでは、変更された仮想ハードウェアの ID によって、仮想マシンのコピーが検出されます。

仮想ハードウェアにおける変更の分析機能は、完全に信頼できるわけではありません。この方法を広く採用する前に、組織が現在使用しているハイパーバイザーのバージョンを用いて、小規模な仮想マシンのプールでテストする必要があります。

関連項目:

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの初期設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。