KATA との連携のダッシュボード

2023年11月21日

ID 138421

次の方法を使用して、KATA 統合ステータスを監視できます:

  • ノード]セクションの[KATA 保護]情報ペインを確認すると、すべてのクラスタノード上の KATA サーバーへの接続の状態に関する要約情報を参照できます。
  • 各クラスタノードの KATA サーバーのとの接続状態に関する詳細情報を表示します
  • KATA サーバーとの接続に関する情報は、各クラスタノードの情報ウィンドウにも表示されます。
  • スクリプトを使用して、テクニカルサポートモードで個々の KATA サーバーの接続ステータスを監視します(KATA バージョン 5.0 以降の複数のサーバーと統合する場合)。

    スクリプトはビルトインのバランサーに接続ステータスを要求し、コンソールに出力します。Kaspersky Secure Mail Gateway 2.0 MR1 では、スクリプトはオペレーティングシステムに含まれています。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。