クラスターへのノードの追加

2023年11月21日

ID 201629

クラスタにノードを追加するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. ノードの追加]をクリックします。

    ノードの追加]ウィンドウが開きます。

  3. IP アドレス]と[ポート]フィールドに、本製品をホストしているサーバーで、クラスタノードに追加するサーバーの IP アドレスとポートを入力します。
  4. 必要に応じて、追加するノードに関する追加情報を[コメント]に入力します。
  5. スキャンスレッド数]に、メールサーバーが同時に処理できるトラフィックストリームの数を入力します。

    既定値:16。

  6. 次へ]をクリックします。
  7. チェックモード]ウィンドウの証明書のフィンガープリントを、サーバーの証明書のフィンガープリントと比較します。証明書のフィンガープリントが一致する場合、[確認]をクリックします。

    初期設定ウィザードが完了すると、サーバーのローカルコンソールに証明書のフィンガープリントが表示されます。

クラスタにノードが追加され、[ノード]ページのノードのリストに表示されます。

他のノード用に設定されたタイムゾーンを使用するには、新しいクラスタノードを再起動します。

追加したノードにメールトラフィックを向ける前に、定義データベースをアップデートして LDAP の同期を実行する必要があります。これを行わないと、本製品が適切な保護レベルを提供することや個人のバックアップにメールメッセージを置くことができなくなり、Active Directory アカウントの属性に言及するルールが適用できなくなります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。