Microsoft SCVMM を使用しての仮想マシンの導入

2023年11月21日

ID 206563

仮想マシンイメージの導入には、次の手順が含まれます:

  1. Microsoft SCVMM サーバーのライブラリへの ISO ファイルのアップロード

    Kaspersky Secure Mail Gateway の ISO ファイルには、本製品がインストールされておりビルトインのメールサーバーがあるオペレーティングシステムイメージが含まれています。

  2. 仮想マシンを作成する

    仮想マシンの作成時には、Kaspersky Secure Mail Gateway の動作に関する推奨に従って設定を変更する必要があります。

  3. 仮想マシンの設定の変更

    仮想マシンを複数のネットワークセグメントに接続したい場合、各セグメントに追加のネットワークアダプターを追加する必要があります。この必要がない場合は、このステップをスキップして構いません。

  4. 仮想マシンへの接続とセットアップウィザードの起動

    Kaspersky Secure Mail Gateway の使用を開始する前に、製品の設定を完了する必要があります。

このセクションの内容

ISO ファイルのアップロード

Microsoft SCVMM を使用しての仮想マシンの作成

仮想マシンの設定の変更

仮想マシンへの接続とセットアップウィザードの起動

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。