メールトラフィック処理イベントのフィルタリング

2023年11月21日

ID 207724

イベントログ内のイベントは、1 つ以上の基準でフィルタリングできます。

イベントログでメールトラフィック処理イベントをフィルタリングするには:

  1. Web インターフェイスのメインウィンドウで管理コンソールツリーを開き、[イベント]セクションを選択します。
  2. メールトラフィック]タブを選択します。

    イベント情報は表形式で表示されます。

  3. reports_filter をクリックします。

    フィルター追加ウィンドウが開きます。

  4. フィルターを追加]をクリックします。
  5. 表示されるフィールドで、必要なフィルタリング基準を設定します。この操作には、次の表に従ってフィルターフィールドに値を入力します。

    a. 基準を選択する:

    b. 論理演算子を選択する:

    c. 値を入力する:

    日付と時刻

    • 次以降
    • 次より前

    メッセージ処理期間。

    送信者のメールアドレス

    • 次の値を含む
    • 含まない
    • 等しい
    • 等しくない

    送信者のメールアドレスを検索するためのテキスト。

    メールアドレス(example-email@example.com など)、ドメイン名(example.com など)、メールアドレスの数文字(exa など)を入力できます。

    受信者のメールアドレス

    • 次の値を含む
    • 含まない
    • 等しい
    • 等しくない

    受信者のメールアドレスを検索するためのテキスト。

    件名

    • 次の値を含む
    • 含まない

    メッセージヘッダーの検索テキスト

    ルール名

    • 次の値を含む
    • 含まない
    • 等しい
    • 等しくない

    メッセージを処理する時に適用されたルールの名前。

    処理

    • 等しい
    • 等しくない

    メッセージで実行された処理。

    送信者の IP

    • 等しい
    • 等しくない

    メッセージの送信元 IP アドレスの検索テキスト。

    アドレスは IPv4 または IPv6 形式で入力できます。

    アプリケーションメッセージ ID

    • 等しい
    • 等しくない

    本製品によってメッセージに割り当てられた一意の識別子。

    SMTP message ID

    • 次の値を含む
    • 含まない
    • 等しい
    • 等しくない

    メールサーバーでのメッセージ ID

    この ID は、拒否されたメッセージに関する通知に追加される ID を設定した場合、ユーザー要求への対応時にイベントを検索するために使用されます。

    ノード

    • 等しい
    • 等しくない

    メッセージを処理したクラスタノード。

    スキャンのステータス

    右側のドロップダウンリストで、次の検知技術のいずれかを選択します:

    • 次の値を含む
    • 含まない

    ステータスの選択]をクリックします。ドロップダウンリストで、イベントのフィルタリングに使用するステータスの横にあるチェックボックスをオンにします。ステータスは論理演算子「OR」と組み合わせることができます。

    表示されるステータスのセットは、選択した技術によって異なります。

    複数のフィルタリング基準を入力できます。別の基準を追加するには、[フィルターを追加]をクリックします。

  6. 検索]をクリックします。
  7. フィルター追加ウィンドウを閉じます。

イベントの表は、フィルタリング基準に従って表示されます。

この表には、最新の 5000 件のイベントに関する情報が表示されます。フィルタリング基準と一致するイベントが 5000 件を超えている場合、検索条件を絞り込むことを検討してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。