すべてのノードのネットワーク設定を変更するシナリオ

2024年5月23日

ID 242105

すべてのクラスタノードのネットワーク設定を変更するシナリオには、次の手順が含まれます:

  1. すべてのクラスタノードでのメールトラフィック処理の無効化

    ロードバランサーを使用している場合は、ロードバランサーの設定でノードへの負荷分散をオフにします。ロードバランサーを使用していない場合は、Kaspersky Secure Mail Gateway の Web インターフェイスですべてのノードに対するメッセージの受信を無効にします

    負荷をオフにした後、ノードですべてのキューからのメッセージが完全に送信されるまで待ちます。

  2. コントロールノードのアドレスの変更

    そのためには、コントロールノードで次の操作を実行します:

    1. テクニカルサポートモードでのノードのネットワーク設定の変更

      オペレーティングシステム、ネットワークアダプターの IP アドレス、既定のゲートウェイアドレス、DNS サーバーアドレスのネットワーク設定を変更できます。

    2. ノードのオペレーティングシステムのネットワーク設定のテスト

      この手順を実行すると、新しいネットワーク設定が実際に適用されていることを確認できます。

    3. ノードの新しい IP アドレスとドメイン名に一致するように、コントロールノードの DNS サーバーの A および PTR レコードを変更します。

      これは、シングルサインオン技術を使用した Kerberos 認証の正しい動作と、他のメールシステムとの対話に必要です。

    4. テクニカルサポートモードでの製品のノードのアドレスの変更

      ノードの IP アドレスまたはポートを変更した場合には、この手順を実施する必要があります。

  3. クラスタからのセカンダリノードの削除

    新しいアドレスを使用してコントロールノードの Web インターフェイスにログインし、クラスタからすべてのセカンダリノードを削除します。

    クラスタのノードが 1 つの場合は、この手順をスキップして手順 6 に進みます。

  4. セカンダリノードのアドレスの変更

    すべてのセカンダリノードのアドレスを 1 つずつ変更します。そのためには、各ノードで次の操作を実行します:

    1. テクニカルサポートモードでのセカンダリノードのネットワーク設定の変更

      オペレーティングシステム、ネットワークアダプターの IP アドレス、既定のゲートウェイアドレス、DNS サーバーアドレスのネットワーク設定を変更できます。

    2. ノードのオペレーティングシステムのネットワーク設定のテスト

      この手順を実行すると、新しいネットワーク設定が実際に適用されていることを確認できます。

    3. セカンダリノードの DNS サーバーの A および PTR レコードを変更して、ノードの新しい IP アドレスとドメイン名に一致させます。

      これは、シングルサインオン技術を使用した Kerberos 認証の正しい動作と、他のメールシステムとの対話に必要です。

    4. テクニカルサポートモードでの製品のノードのアドレスの変更

    ノードの IP アドレスまたはポートを変更した場合には、この手順を実施する必要があります。

  5. クラスタへのセカンダリノードの追加

    コントロールノードの新しいアドレスを使用して Web インターフェイスにログインし、セカンダリノードを新しいアドレスでクラスタに追加します。

  6. すべてのクラスタノードの可用性と健全性の確認

    コントロールノードの Web インターフェイスで、クラスタノードのステータスを確認できます。

  7. ノードでのメールトラフィック処理の有効化

    新しいアドレスの各クラスタノードでメッセージを受信できるようにします。トラフィックがエラーなく処理されていることを確認します。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。