アンチスパムによる保護の設定

2024年4月1日

ID 203007

メッセージ処理ルールでアンチスパムによる保護を設定する前に、保護の全般設定でアンチスパムモジュールを有効にしていることを確認します。

メッセージ処理ルールでアンチスパムによる保護を設定するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールのリストで、アンチスパムによる保護を設定するルールを選択します。

    ルールの表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。

    ルールの設定が編集可能になります。

  4. 左側のペインで、[アンチスパム]セクションを選択します。
  5. セクションタイトルの右側にあるスイッチを使用して、ルールの基準に一致するメッセージのアンチスパムスキャンを有効または無効にします。

    アンチスパムによる保護は既定で有効になっています。

  6. 前の手順でアンチスパムによる保護を無効にした場合、スキャンの結果に従って次のオブジェクトに適用されるアンチスパムモジュールの設定を編集します:
    • スパム
    • 準スパム
    • 一斉送信メール
  7. 詳細設定]の下で、関連するスイッチをオンにします:
    1. 画像イメージの処理技術を使用 - テキストを含む画像を識別し、そのテキストがスパムかどうかを判別する GSG テクノロジーを使用する場合。テキストは、画像の目的を隠すために変更されているかどうかに関係なく認識されます(たとえば、修正する、画像内で回転している、「ノイズ」で隠す、またはその他の方法など)。
    2. Unicode スプーフィングからの保護 - ドメイン名偽装に対する保護を有効にする場合。ドメイン名偽装が検知されると、メッセージはスパムと判断されます。本製品は X-KSMG-AntiSpam-Method メッセージヘッダーに unicode_spoof タグを追加します。

      SMTP エンベロープの Mail From フィールドだけでなく、From、Sender、Reply-To の各メッセージヘッダーでも、ドメイン名偽装のスキャンが行われます。

  8. 保存]をクリックします。

アンチスパムによる保護が設定されます。指定された設定が、ルールの基準と一致するメッセージに適用されます。

編集した設定が KSMG によって確実に適用されるようにするには、ルールに対してアンチスパムによる保護が有効になっていて、設定したルールが有効になっていることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。