アンチフィッシングによる保護の設定

2024年4月1日

ID 203008

メッセージ処理ルールでアンチフィッシングによる保護を設定する前に、保護の全般設定でアンチフィッシングモジュールを有効にしていることを確認します。

メッセージ処理ルールでアンチフィッシングによる保護を設定するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールのリストで、アンチフィッシングによる保護を設定するルールを選択します。

    ルールの表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。

    ルールの設定が編集可能になります。

  4. 左側のペインで、[アンチフィッシング]セクションを選択します。
  5. セクションタイトルの右側にあるスイッチを使用して、ルールの基準に一致するメッセージのアンチフィッシングスキャンを有効または無効にします。

    アンチフィッシングによる保護は既定で有効になっています。

  6. 前の手順でアンチフィッシングによる保護を有効にした場合は、[処理]の下でフィッシングメッセージに対して実行する処理を選択します:
    • メッセージを削除する
    • 拒否
    • スキップ

    既定では、[拒否]の処理が選択されます。

  7. スキャンの結果に基づいて、フィッシングメッセージを自動的にバックアップに配置する場合は、[元のメッセージをバックアップに移動する]スイッチをオンにします。

    このスイッチは、既定ではオフになっています。

  8. フィッシングを含むメッセージの件名の先頭にタグを自動的に追加する場合は、[メッセージ本文に追加するテキスト]フィールドにタグのテキストを入力します。

    既定では、[Phishing] タグが追加されます。

  9. 保存]をクリックします。

アンチフィッシングによる保護が設定されます。指定された設定が、ルールの基準と一致するメッセージに適用されます。

編集した設定が KSMG によって確実に適用されるようにするには、ルールに対してアンチフィッシングによる保護が有効になっていて、設定したルールが有効になっていることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。