メール送信ドメイン認証

2024年4月1日

ID 203013

メッセージ処理ルールでメール送信ドメイン認証を設定する前に、保護の全般設定で該当するメール送信ドメイン認証を有効にしていることを確認してください。

メッセージ処理ルールでメール送信ドメイン認証を設定するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールのリストで、メール送信ドメイン認証を設定するルールを選択します。

    ルールの表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。

    ルールの設定が編集可能になります。

  4. 左側のペインで、[メール送信ドメイン認証]セクションを選択します。
  5. セクションタイトルの右側にあるスイッチを使用して、ルールの基準に一致するメッセージのメール送信ドメイン認証を有効または無効にします。

    メール送信ドメイン認証証は既定で無効になります。

  6. 前の手順でメール送信ドメイン認証を有効にした場合は、すべての種別の認証に対する全般設定を設定します。
    • KSMG で TempError 一時エラーをメール送信ドメイン認証違反として処理する場合は、[一時的なエラー(TempError)を認証違反と判断する]スイッチをオンにします。
    • KSMG で PermError 永続エラーをメール送信ドメイン認証違反として処理する場合は、[恒久的なエラー(PermError)を認証違反と判断する]スイッチをオンにします。
  7. 次のスキャン種別を設定します:
    • DMARC 認証
    • SPF 認証
    • DKIM 認証
  8. 保存]をクリックします。

メール送信ドメイン認証が設定されます。指定された設定が、ルールの基準と一致するメッセージに適用されます。

編集した設定が KSMG によって確実に適用されるようにするには、ルールのメール送信ドメイン認証を有効にし、設定したルールを有効にします

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。