LDAP サーバー接続設定の変更

2024年4月1日

ID 206089

LDAP サーバーの接続設定を変更するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[設定]→[外部サービス]→[LDAP サーバー接続]セクションの順に選択します。
  2. 接続設定を変更する LDAP サーバーを選択します。

    接続設定の表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。
  4. 必要に応じて、次の設定を変更します:
    • 製品の Web インターフェイスに表示される LDAP サーバー名は、[名前]フィールドで変更します。
    • keytab ファイルは、[参照]をクリックして変更します。
    • レコード検索の開始ディレクトリは、[検索ベース(ベース DN)]フィールドで変更します。
    • ユーザーとグループのメールアドレスを取得する属性は、[属性にメールアドレスが含まれています]ドロップダウンリストで変更します。
    • LDAP 連絡先のメールアドレスの取得を有効または無効にするかは、[LDAP 連絡先の詳細]スイッチを使用して変更します。
    • LDAP 連絡先のメールアドレスの取得を有効にしている場合は、[属性にメールアドレスが含まれています]フィールドで LDAP 連絡先のメールアドレスを取得する属性を指定します。
  5. 保存]をクリックします。

LDAP サーバー接続設定が変更されます。

関連項目:

外部ディレクトリサービスとの統合

keytab ファイルの作成

LDAP サーバー接続の追加

LDAP サーバー接続の削除

Active Directory ドメインコントローラーとの同期スケジュールの構成

手動での Active Directory ドメインコントローラーとの同期の開始

LDAP サーバー接続のセキュリティの強化

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。