イベントログの表示

2024年4月1日

ID 207721

KSMG イベントログを表示するには:

  1. Web インターフェイスのメインウィンドウで管理コンソールツリーを開き、[イベント]セクションを選択します。
  2. 表示するイベントの種別に応じて次のいずれかのタブを選択します:
    • メールトラフィック
    • アプリケーション

    イベント情報は表形式で表示されます。

    メールトラフィック処理イベントの表には、次の情報が表示されます:

    • 日付と時刻 - イベントが発生した日時。
    • 送信者のメールアドレス - メッセージ送信者のメールアドレス。
    • 送信者の IP - メッセージを送信したホストの IP アドレス。
    • 受信者のメールアドレス - メッセージ受信者の名前。
    • 件名 - メッセージの件名。
    • ルール名 - メッセージを処理したルールの名前。

      ルール名のリンクをクリックすると、ルールの詳細を確認できます。

    • 処理 - メッセージで実行された処理。
    • アプリケーションメッセージ ID - 本製品によってメッセージに割り当てられる一意の ID。
    • SMTP Message-ID - メールサーバーでメッセージに割り当てられた ID。
    • ノード - メッセージが処理されたノードの IP アドレスまたはポート。

    製品イベントの表には、次の情報が表示されます:

    • 日付と時刻 - イベントが発生した日時。
    • ノード - イベントが処理されたノードの IP アドレスまたはポート。
    • イベントタイプ - イベントの種別
    • イベント - イベントの名前。
    • ユーザー - イベントを作成したユーザーの名前。
    • 結果 - イベント処理の結果。
  3. 列内のイベントを並べ替えることができます。この操作には、表の列ヘッダーをクリックします:
    • 送信者のメールアドレス]、[受信者のメールアドレス]、[件名]、[ルール名]、[処理]、[イベントタイプ]、[ユーザー]、[結果]、[イベント]列のイベントは、アルファベット順(A-Z または Z-A)に並べ替えられます。

      既定で、イベントレコードはアルファベット順(A-Z)に表示されます。

    • 日付と時刻]および[ノード]列のイベントは、昇順または降順に並べ替えられます。

      既定で、イベントレコードは昇順に表示されます。

イベントの表は、並べ替え基準に従って表示されます。

既定では、表のすべての列が表示されます。表の表示をカスタマイズするには、[設定。]をクリックして[表をカスタマイズ]ウィンドウを開きます。

関連項目:

イベントログ

イベントの表の表示の設定

メールトラフィック処理イベントのフィルタリング

本製品のイベントのフィルタリング

メールトラフィック処理イベントに関する情報の表示

製品イベントに関する情報の表示

製品イベントのタイプ

イベントログのエクスポート

イベントログの設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。