個人バックアップの設定

2024年4月1日

ID 218350

個人用バックアップは、個人ユーザーモードで表示されます。

個人のバックアップを設定するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]→[個人用アカウント]→[バックアップ]セクションの順に選択します。
  2. 個人ユーザーモードで、個人用バックアップに含まれるメッセージに関する情報を個人用バックアップのセクションに表示する場合、[個人用バックアップ ]スイッチを[有効]に設定します。
  3. 個人ユーザーモードで、個人用バックアップのメッセージの表示を許可する場合、[メッセージをプレビュー]スイッチを[有効]に設定します。
  4. 個人ユーザーモードで、個人用バックアップからのメッセージの削除を許可する場合、[メッセージを削除する]スイッチを[有効]に設定します。

    これは、[個人用バックアップ]を有効にした場合にのみ使用できます。

  5. 個人ユーザーモードで、個人用バックアップからのメッセージの配信を許可する場合、[メッセージ配信]スイッチを[有効]に設定します。

    これは、[個人用バックアップ]を有効にした場合にのみ使用できます。

  6. 以下のドロップダウンリストで、個人のバックアップからメッセージを配信する際の形式を選択します:
    • 添付ファイル
    • 変更なし
  7. Microsoft Exchange Server など一部のメールシステムでは、同じ SMTP Message-ID ヘッダーでメッセージを繰り返し配信すると拒否される場合があります。個人のバックアップからこうしたシステムへ、メッセージを元の形式で配信するには、SMTP Message-ID ヘッダーを削除する必要があります。この操作には、[SMTP Message-ID を削除]スイッチを[有効]の位置にします。

    変更なし メッセージ配信形式でのみ使用できます。

    メッセージに DKIM 署名がある場合、SMTP Message-ID ヘッダーを削除すると、署名が破壊される可能性があります。

  8. 保存]をクリックします。

個人のバックアップが設定されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。