クラスタノードのネットワーク設定の変更手順

2024年4月1日

ID 239591

KSMG がクラスタ内のマシン間通信に使用する IP アドレスとポート番号は、本製品の初期設定時に指定されます。本製品がインストールされているサーバーの IP アドレスを変更する場合は、オペレーティングシステムのネットワーク設定の編集後、クラスタノードの IP アドレスを変更する手順も実行する必要があります。クラスタ内のマシン間通信に使用されるポート番号を変更する場合も、同様の手順を実行する必要があります。

Web インターフェイスで使用されるポート番号の変更は、他のノードやクラスタ全体には影響せず、マシン間通信の IP アドレスおよびポート番号の変更とは独立して実行されます

KSMG クラスタの整合性と管理性を維持するには、ノード アドレスを特定の順序で変更する必要があります。手順は、クラスタ内のノードの数と、アドレスを変更するノードの数によって異なります。次のケースが考えられます:

このセクションの内容

ノードのサブセットのネットワーク設定を変更するシナリオ

すべてのノードのネットワーク設定を変更するシナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。