KSMG のノードアドレスの変更

2024年4月1日

ID 239703

KSMG アプリケーションでノードのアドレスを変更する前に、オペレーティングシステムの新しいネットワーク設定が適用されていることを確認することを推奨します。

クラスタノードの IP アドレスまたはポートを変更するには:

  1. クラスタノードのネットワーク設定変更ウィザードを実行します:

    /opt/kaspersky/ksmg/bin/setup.py --update-address

  2. ウィザードの要求に対して次のように対応します:
    • クラスタノードのネットワーク設定を変更する前に、新しいアドレスと古いアドレスを持つノード間のネットワーク接続を確認する必要があります。続行の問い合わせが表示されたら、 「はい」を選択します。
    • 現在のノードの IP アドレスの指定を要求されたら、マシン間通信に使用する新しい IP アドレスを入力します。

      IP アドレスを変更しない場合は、 ENTER を押します。

    • 現在のノードのポート番号の指定を要求されたら、マシン間通信に使用する新しいポート番号を入力します。

      IP アドレスを変更しない場合は、 ENTER を押します。

    • Web インターフェイスの現在のノードのポート番号を指定を要求されたら、 Enter を押します。

      Web インターフェイスのポート番号は個別に変更する必要があります。「Web インターフェイスのポート番号の変更」セクションの手順を参照してください。

  3. ウィザードが終了し、すべてのサービスが再起動されたら、次のコマンドを使用してクラスタノードを再起動します:

    shutdown -r

クラスタノードのアドレスが変更されます。Web インターフェイスでの KSMG クラスタノードの設定に進みます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。