クラスタノードでのローカルバランサーの設定と実行

2024年4月1日

ID 243044

КАТА 5.0 以降のバージョンの複数のサーバーと統合する場合にのみ適用されます。

クラスタノードでローカルバランサーを設定するには:

  1. クラスタノードでオペレーティングシステムのコマンドシェルを起動し、スーパーユーザー(システム管理者)権限でコマンドを実行します。
  2. 次のコマンドを使用して、バランサーの基本設定情報ファイルの名前を変更します:

    mv /etc/haproxy/haproxy.cfg /etc/haproxy/haproxy.cfg.orig

  3. 以前に準備した設定情報ファイル haproxy.cfg をディレクトリ /etc/haproxy に配置し、次のコマンドを使用してアクセス権を設定します:

    chown root:root /etc/haproxy/haproxy.cfg

    chmod 640 /etc/haproxy/haproxy.cfg

  4. 次の内容で設定情報ファイル /etc/snmp/snmptrapd.conf を作成します:

    $ModLoad imudp

    $UDPServerRun 514

    $UDPServerAddress 127.0.0.1

    if $syslogfacility-text == 'local6' then /var/log/haproxy.log

    if $syslogfacility-text == 'local6' then stop

    if $programname startswith 'haproxy' then /var/log/haproxy.log

    if $programname startswith 'haproxy' then stop

  5. ファイル /var/log/haproxy.log を作成し、次のコマンドを使用してアクセス権を設定します:

    touch /var/log/haproxy.log

    chown root:adm /var/log/haproxy.log

    chmod 640 /var/log/haproxy.log

  6. 必要に応じて、ローカルバランサーのログのローテーション設定ファイル(/etc/logrotate.d/haproxy)を編集します。

    既定では、エントリは毎日ローテーションされます。

  7. システムログサービスを再起動します:

    systemctl restart rsyslog

  8. ローカルバランサーサービスを開始します:

    systemctl start haproxy

  9. ローカルバランサーサービスの自動実行を有効にします:

    systemctl enable haproxy

  10. ローカルバランサーサービスのステータスをチェックします:

    systemctl status haproxy

    ステータスは running である必要があります。

  11. ローカルバランサーログにエントリが存在することをチェックします:

    tail /var/log/haproxy.log

ローカルバランサーは、KSMG クラスタノード上で設定され、起動されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。