KATA 統合の無効化

2024年4月1日

ID 243057

KATA 統合を無効にするには:

  1. KSMG コントロールノードの Web インターフェイスで、[設定]→[外部サービス]→[KATA 保護]セクションの順に選択し、[設定]タブに移動して[KATA サーバー]の下の[削除]をクリックします。
  2. КАТА 5.0 以降の複数のサーバーと統合する場合、各クラスタノードで次の操作を実行します:
    1. クラスタノードでオペレーティングシステムのコマンドシェルを起動し、スーパーユーザー(システム管理者)権限でコマンドを実行します。
    2. ローカルバランサーサービスを停止します:

      systemctl stop haproxy

    3. ローカルバランサーサービスの自動実行を無効にします:

      systemctl disable haproxy

    4. ローカルバランサーサービスのステータスをチェックします:

      systemctl status haproxy

      ステータスは stopped である必要があります。

KATA との連携が無効です。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。