許可リストと拒否リスト

2024年4月1日

ID 90648

許可リストと拒否リストを使用して、特定のアドレスからのメッセージに対するメールシステムの対応方法を細かく制御できます。たとえば、実際には迷惑メールではないが本製品でマスメールと判断されたソース(ニュースポータルからのメッセージなど)を許可リストに追加できます。

許可リストと拒否リストは、以下を使用して設定できます:

  • あらかじめ設定された AllowList および DenyList メッセージ処理ルール。また、指定した処理を適用する必要があるメッセージの送信者と受信者のアドレスで独自のルールを作成し、ルールの優先順位を変更することもできます。

    既定では、AllowList および DenyList ルールはオフになっており、送信者アドレスと受信者アドレスは指定されていません。これらのルール内でアドレスリストを生成し、ルールをオンにする必要があります。

  • 単一の受信者用の送信者アドレスが含まれる個人の許可リストと拒否リスト。個人の許可リストにより、アンチスパムスキャンを経由せずにメッセージを通過させることができます。フィッシング、ウイルス、およびその他の脅威のスキャン、さらにコンテンツフィルタリングのスキャンは実行されます。

許可リストと拒否リストに従ってメッセージを処理するための既定のアルゴリズムのフローチャートを以下の図に示します。DenyList ルール(拒否 または メッセージを削除する)の処理を変更することや、ルールのリスト内で AllowList ルールと DenyList ルールを動かしてルール優先度を変更することができます。この場合、処理を適用するためのアルゴリズムは下記に示すものとは違うものになります。

allow-denylists_scheme

許可リストと拒否リストに従ってメッセージを処理するためのアルゴリズム

メッセージの送信者や受信者のアドレスがメッセージ処理ルールの許可リストまたは拒否リストに含まれている場合、そのメッセージは以下のように処理されます:

  • メッセージの送信者や受信者のアドレスが AllowList ルールの許可リストに含まれている場合、そのメッセージは既定でスキャンされることなく通過します。
  • アドレスが AllowList ルールに指定されていない場合、そのアドレスは DenyList ルールの拒否リストに対してチェックされます。送信者や受信者のアドレスがリストで見つかった場合、そのメッセージは既定でスキャンされることなく拒否されます。DenyList ルールの処理は変更できます。

メッセージがメッセージ処理ルールのグローバル許可リストと拒否リストに含まれていない場合、本製品は送信者のアドレスが受信者の個人のリストに含まれてないかどうかを確認します。

  • 送信者のアドレスが個人の許可リストに含まれている場合、アンチスパムによるスキャンは実行されません。メッセージは他のソフトウェアモジュールによるスキャンの結果に従って処理されます。
  • 送信者のアドレスが受信者の個人の許可リストに含まれていない場合、そのアドレスは個人の拒否リストに対してチェックされます。一致した場合、そのメッセージは個人の拒否リストを所有する受信者には配信されません。指定された処理に応じて、メッセージは削除または拒否されます。メッセージをバックアップに置くこともできます。

    * メッセージをバックアップに置く前に、すべての保護モジュールによってメッセージがスキャンされます。スキャン結果に基づいて、最も厳格な処理がメッセージに適用されます。たとえば、スキャン結果によって メッセージを削除する 処理を適用するルールが開始される一方、個人の拒否リストでは 拒否 処理が要求される場合は、より厳格な応答である メッセージを削除する 処理が実行されます。つまり、このメッセージは、個人の拒否リストの設定に従って拒否される代わりに、ルール設定に従って削除されます。

    バックアップに保存されたメッセージは、[ダッシュボード]セクションのウィジェットで 個人用拒否リスト ステータスのメッセージとしてカウントされません。

アドレスがメッセージ処理ルールのすべてのリストに含まれず、受信者の個人リストにも含まれない場合、そのメッセージは選択されたルールに従って処理されます。ルールの選択アルゴリズムについては、メッセージ処理ルールの適用に関する章で詳しく説明しています。

このセクションの内容

カスタムリストの設定

個人の許可リストと拒否リストの表示

個人リストの作成

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。