ライセンスを追加する際の注意事項

2024年7月3日

ID 101191

ライセンスを追加する際は、次の事項について考慮する必要があります:

  • SVM での複数のライセンスの同時使用はサポートされていません。以前に追加したライセンスと同じ種別のライセンスを追加すると、以前のライセンスが新しいライセンスで置換されます。
  • 保護対象仮想マシンの数に基づくライセンス体系を使用している場合、製品のアクティベーションに使用するライセンス種別が仮想マシンのゲストオペレーティングシステムの種別に対応している必要があります:
    • サーバー OS を実行している仮想マシンを保護するには、SVM にサーバー用ライセンスを追加する必要があります。
    • デスクトップ OS を実行している仮想マシンを保護するには、SVM にデスクトップ用ライセンスを追加する必要があります。
    • サーバー OS とデスクトップ OS を実行している仮想マシンを保護するには、SVM にサーバー用とデスクトップ用の 2 つのライセンスを追加する必要があります。

    プロセッサコア数、またはプロセッサ数に基づくライセンス体系を使用している場合、仮想マシンにインストールされているオペレーティングシステムの種別に関係なく、プロセッサコア数またはプロセッサ数に制限のあるライセンスが 1 つ必要です。

    Linux ゲストオペレーティングシステムを搭載した仮想マシンを保護するには、サーバー向けライセンス、プロセッサのコア数に制限のあるライセンス、およびプロセッサ数に制限のあるライセンスのみを使用することができます。

  • SVM での異なるライセンス体系に対応するライセンスの同時使用はサポートされていません。製品のアクティベーション後に異なるライセンス体系に対応するライセンスを追加すると、以前追加されたライセンスが SVM から削除されます。たとえば、プロセッサのコア数に制限のあるライセンスを追加する時に、デスクトップ向けまたはサーバー向けライセンスが以前に SVM に追加されていた場合、タスクの完了時に、現在および予備(予備がある場合)のデスクトップ向けまたはサーバー向けライセンスは削除されます。これらのライセンスは、プロセッサコア数に制限のあるライセンスに置き換えられ、それが現在のライセンスになります。

    SVM では、デスクトップ向けライセンスとサーバー向けライセンスなど、同一のライセンス体系に対応するライセンスのみを同時に使用できます(保護対象仮想マシンの数に基づくライセンス体系)。

    ある SVM から削除されたライセンスは、そのライセンスの有効期間が切れていない場合に、別の SVM に追加できます。

  • SVM での製品版ライセンスと定額制ライセンスの同時使用はサポートされていません。

    たとえば、定額制ライセンスが追加されていた SVM に製品版ライセンスを追加する場合、定額制ライセンスは SVM から削除されます。製品版ライセンスが代わりに追加されます。

  • SVM での種別が異なるライセンス(Standard ライセンス / Enterprise ライセンス)の同時使用はサポートされていません。

    たとえば、これまで製品を Standard ライセンスで使用していた状況で Enterprise ライセンスに対応するライセンスを追加すると、Standard ライセンスに対応するすべての現在のライセンスおよび予備のライセンス(予備がある場合)が SVM から削除されます。代わりに、Enterprise ライセンスが追加されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。