Kaspersky Security Network への参加

2024年7月3日

ID 186131

仮想マシンの保護を強化するため、Kaspersky Security は世界中のカスペルスキーユーザーから受け取ったデータを使用できます。Kaspersky Security Network(KSN)は、このようなデータを収集します。

Kaspersky Security Network(KSN)は、ファイルのレピュテーション、Web リソース、ソフトウェアに関する情報を含む、カスペルスキーのオンラインナレッジベースへアクセスするためのクラウドサービスの基盤です。KSN のデータを使用することで、Kaspersky Security はより迅速に未知の脅威に対応できます。また、一部の保護コンポーネントのパフォーマンスが向上し、誤検知のリスクが減少します。

Kaspersky Security Network に参加すると、KSN サービスは Kaspersky Security に、スキャンされたファイルのカテゴリと評価に関する情報を提供します。

次の KSN 種別は、インフラストラクチャの場所によって区別されています:

  • グローバル KSN - このインフラストラクチャは、カスペルスキーのサーバーによってホスティングされています。
  • プライベート KSN:このインフラストラクチャは、企業ネットワーク内に配置されているか、インターネットサービスプロバイダーのネットワークなど、サービスプロバイダーのサードパーティサーバーによってホスティングされています。

KSN モード(標準 KSN または拡張 KSN)は、KSN の使用中に自動的にカスペルスキーへ転送されるデータの量に影響します。Kaspersky Security は、KSN 使用モードに応じて、KSN の使用に関する情報やその他の情報をカスペルスキーに自動的に送信します。KSN を拡張モードで使用する場合、Kaspersky Security Network に関する声明に記載されたデータのすべてを自動的にカスペルスキーに送信することに同意したことになります。仮想マシンやオペレーティングシステムに保存されたデータを損傷させるために侵入者によって使用される可能性があるファイルやファイルの一部も、分析のためカスペルスキーに送信されることがあります。

Kaspersky Security Network に関する声明の本文は、ポリシーのプロパティの[KSN 設定]セクションで表示できます。

KSN の使用中に取得され、カスペルスキーに送信される統計情報の保管、保護および破棄の詳細は、カスペルスキーの Web サイトのプライバシーポリシーを参照してください。

Kaspersky Security が使用している KSN モードと種別に関する情報は、アンチウイルス保護のプロバイダーから取得できます。KSN の利用の設定は、プロバイダーのポリシーによって決定されます。

Kaspersky Security Network への参加は任意です。Kaspersky Security Network への参加は、Kaspersky Security ポリシーの作成中に決定しますが、いつでも変更できます。

KSN は、ユーザーが Kaspersky Security Network に関する声明の条件に同意し、アンチウイルス保護のプロバイダーが KSN の利用を有効にした場合にのみ、Kaspersky Security によって使用されます。

このセクションの内容:

Kaspersky Security Network に関する声明の表示

Kaspersky Security Network の使用の有効化と無効化

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。