Kaspersky Update Utility 4.0 Maintenance Release 1 の展開および実行に関する推奨事項

更新日: 2021年12月21日 Article ID: 15826
 
 
 
 

個別の非特権ユーザーを作成します。このユーザーで Kaspersky Update Utility を開始します。

ユーティリティモジュールが書き換えられてしまうのを防ぐために、作成した非特権ユーザーのみが Kaspersky Update Utility のフォルダを変更することが許可されるように、アクセス制御リスト(ACL)を設定します。

 
 
 
 
 
この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。