悪意のあるソフトウェア Trojan-Ransom.Win32.Rakhni(.oshit)を削除する RakhniDecryptor ユーティリティ

 

 

Safety 101: ウイルス駆除ツール

 
 
 

悪意のあるソフトウェア Trojan-Ransom.Win32.Rakhni(.oshit)を削除する RakhniDecryptor ユーティリティ

"ウイルス駆除ツール"へ戻る
2014 7月 08 Article ID: 10556
 
 
 
 

悪意のあるプログラム Trojan-Ransom.Win32.Rakhni は、犯罪者がファイルを暗号化するために使用し、拡張子が以下のように変更されます:

  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<locked>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<kraken>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<darkness> 
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<nochance> 
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<oshit> 
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<oplata@qq_com>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<relock@qq_com>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<crypto>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<helpdecrypt@ukr.net>
  • <ファイル名>.<元の拡張子>.<pizda@qq_com>

例:

変更前:file.doc / 変更後:file.doc.locked

Trojan-Ransom.Win32.Rakhni によって暗号化されたファイルの制御をもう一度獲得するために、RakhniDecryptor というユーティリティが Kaspersky Lab エキスパートによって開発されました。

 
 
 
 
 

1.ユーティリティの使用方法

 
 
 
 
 

2.コマンドプロンプトからユーティリティを実行するためのパラメータ

 
 
 
 
Was this information helpful?
Yes No
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。