Kaspersky Anti-Virus 6.0 MP4 のプロアクティブディフェンス機能がデフォルトでオフに設定されている理由

 

 

Kaspersky Anti-Virus 6.0 R2 for Windows Workstations

 
 
 

Kaspersky Anti-Virus 6.0 MP4 のプロアクティブディフェンス機能がデフォルトでオフに設定されている理由

"トラブルシューティング"へ戻る
2012 10月 16 Article ID: 3564
 
 
 
 

関連製品:Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 MP4


お知らせKaspersky Anti-Virus for Windows Workstations 6.0 MP4 CF1 では、プロアクティブディフェンスがデフォルトでオフに設定されています。

プロアクティブディフェンスをオフにすると、コンピュータを使用する作業の効率が向上する場合があります。作業効率が低下したと感じられる場合は、この機能をオフにすることをお勧めします。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。