Kaspersky Security for Virtualization 2.0 の SVM イメージの構成

 

 

Kaspersky Security for Virtualization 2.0 | Agentless

 
 
 

Kaspersky Security for Virtualization 2.0 の SVM イメージの構成

"インストール / 削除"へ戻る
2013 9月 09 Article ID: 9618
 
 
 
 

ファイルアンチウイルス機能がインストールされたセキュア仮想マシン(SVM)のイメージには、次のものが含まれます:

  • SUSE(R) Linux(R) Enterprise Server 11 SP2 オペレーティングシステム。 
  • Kaspersky Security のファイルアンチウイルス機能。 
  • EPSEC ライブラリ(VMware のコンポーネント)EPSEC ライブラリは、Kaspersky Security により保護された仮想マシンのファイルへのアクセスを提供します。 
  • ネットワークエージェント(Kaspersky Security Center の機能)。ネットワークエージェントと Kaspersky Security Center 管理サーバーとのインタラクションによって、Kaspersky Security Center 管理サーバーによる Kaspersky Security 製品の管理が可能になります。

 

ネットワーク攻撃防御機能がインストールされた SVM のイメージには、次のものが含まれます:
  • SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2 オペレーティングシステム 
  • Kaspersky Security のネットワーク攻撃防御機能。 
  • ネットワークパケットフィルタリングライブラリ(VMware のコンポーネント)。ネットワークパケットフィルタリングライブラリにより、仮想マシンのネットワークトラフィックをネットワークパケットレベルで監視したり、仮想フィルターを作成したりできます。 
  • ネットワークエージェント(Kaspersky Security Center の機能)。ネットワークエージェントと Kaspersky Security Center 管理サーバーとのインタラクションによって、Kaspersky Security Center 管理サーバーによる Kaspersky Security 製品の管理が可能になります 。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。