カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 を使用してレスキューディスクを作成する方法

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014

 
 
 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014 を使用してレスキューディスクを作成する方法

"メインコンポーネントの設定"へ戻る
2013 9月 30 Article ID: 10241
 
 
 
 

レスキューディスクは、ファイルシステムがウイルス攻撃により破損し、オペレーティングシステムが起動できなくなった場合に役立ちます。カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014レスキューディスクは、コンピューターを起動し、システムを攻撃前の状態に復元するために使用できます。

 
 
 
 
 

1. レスキューディスクについて

 
 
 
 
 

2. レスキューディスクに書き込む準備

 
 
 
 
 

3. レスキューディスクイメージを CD/DVD に書き込む

 
 
 
 
 

4. レスキューディスクイメージを USB フラッシュドライブに書き込む

 
 
 
 
 

5. イメージファイルをローカルディスクまたはネットワークドライブへ保存する

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了