スクリーンショットの撮影をブロックする機能が動作しない場合に、確認が必要な項目について

 

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016

 
 
 

スクリーンショットの撮影をブロックする機能が動作しない場合に、確認が必要な項目について

"トラブルシューティング"へ戻る
2016 11月 17 Article ID: 12137
 
 
 
 

Windows 8 / 8.1 / 10 (64ビット) をご利用の環境では、以下の理由により、Hypervisorを利用する保護機能 (保護されたブラウザー上でのスクリーンショットの撮影をブロック) が動作しない場合があります。

  • ハードウェアの互換性が無い場合 (プロセッサとマザーボードが仮想化をサポートしている必要があります)。
  • BIOS 設定でHypervisorがブロックされている場合 (解決方法 :BIOS 設定でHypervisor サポートを有効にします)。
  • Hypervisor に対するアクセスが他のソフトウェアによりブロックされている場合 (解決方法:Hypervisor を使用するすべてのアプリケーション(VMWare など)を終了し、保護されたブラウザーを再起動します)。
  • 製品設定で保護が有効になっていない場合 (解決方法:本製品の設定で、[保護されたブラウザーでのスクリーンショットの撮影をブロックする]をオンにします)。
 
 
 
 
 

スクリーンショットの撮影をブロックする機能が有効か確認する方法

 
 
 
 
 

コンピューターが仮想化をサポートしているかどうか確認する方法

 
 
 
 
 

BIOS設定でHypervisorのサポートを有効にする方法 (Windows 10)

 
 
 
 
 

BIOS設定でHypervisorのサポートを有効にする方法 (Windows 8.1)

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了