検出した脅威に対して実行する処理を選択する方法(Kaspersky Rescue Disk 18)

 

Kaspersky Rescue Disk 18

 
 
 
 

検出した脅威に対して実行する処理を選択する方法(Kaspersky Rescue Disk 18)

"設定 / 機能"へ戻る
更新日: 2020年02月10日 Article ID: 14225
 
 
 
 

Rescue Tool によるスキャン時に悪意のあるオブジェクトを検出した場合、[ Select an action for found objects ] と記載された画面が表示されます。この画面では、以下のいずれかの方法で実行する処理を選択できます。

  • 検出されたオブジェクト全てに同じ処理を実行する。 
  • 検出されたオブジェクトごとに処理を手動選択する。
 
 
 
 
 

検出されたオブジェクト全てに同じ処理を実行する方法

 
 
 
 
 

検出されたオブジェクトごとに処理を手動選択する方法

 
 
 
 
 

アクティブな脅威が存在する場合

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了