ウェブ保護を有効または無効にする方法(インターネット セキュリティ 19 for Mac)

 

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac

 
 
 

ウェブ保護を有効または無効にする方法(インターネット セキュリティ 19 for Mac)

"各機能の設定"へ戻る
更新日: 2019年06月13日 Article ID: 14731
 
 
 
 

ウェブ保護は、コンピューターが HTTP および HTTPS プロトコルを使用してアクセスした Web サイトに、悪意のあるコードが含まれていないかスキャンします。悪意のあるコードが含まれていた場合は、該当の Web サイトへのアクセスをブロックし、感染していることを知らせる通知を表示します。

ウェブ保護は、Safari、Google Chrome、または Firefox 上で送受信されるトラフィックのみをスキャンします。


ウェブ保護を有効または無効にする方法


Web 上の脅威に感染するリスクがあるため、ウェブ保護を無効にすることはおすすめしません。


手順 1

Mac OS のメニューバーにあるカスペルスキーアイコンをクリックし、表示されるメニューで[環境設定]をクリックします。


Common_Mac_Preferences_jp



手順 2

表示された画面で[ ウェブ保護を有効にする ]にチェックを入れると、ウェブ保護が 有効 になります。無効 にするには、チェックを外します。


kis19mac_14731_02


以上で完了です。左上の赤い丸をクリックし、環境設定の画面を閉じてください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了