情報を収集するサービスユーティリティ( kl1_log )

 

記事一覧: レポート取得

 
 
 

情報を収集するサービスユーティリティ( kl1_log )

"レポート取得"へ戻る
更新日: 2019 3 01 Article ID: 3738
 
 
 
 

カスペルスキー製品で発生した問題を調査するために、カスペルスキーのテクニカルサポートが kl1_log ユーティリティ を使用したログファイルの取得をお願いする場合があります。このユーティリティは、ネットワークに関する情報を収集するように設計されています。

これより説明する操作は、テクニカルサポートからの依頼がない限り絶対に実行しないでください。


kl1_log ユーティリティ を使用してログファイルを取得するには :


手順 1

圧縮ファイルの kl1_log.zip をダウンロードし、デスクトップ等のわかりやすい場所に保存します。



手順 2

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍します( 解凍用ツールには WinZip などがあります )。



手順 3

カスペルスキー製品の設定で、セルフディフェンス機能を無効にします。手順は下記のサポート記事をご参照ください。



手順 4

kl1_log フォルダーを開きます。



手順 5

kl1med_on.reg ファイルをダブルクリックして実行します。


3738_01_jp



手順 6

下記画面が表示されたら、[ はい ]をクリックします。


3738_02_jp



手順 7

レジストリにデータが正常に追加されると、以下のメッセージが表示されます。[ OK ]をクリックします。


3738_03_jp



手順 8

コンピューターを再起動します。



手順 9

問題を再現します。



手順 10

kl1med_off.reg ファイルをダブルクリックして実行します。


3738_04_jp



手順 11

下記の画面が表示されたら、[ はい ]をクリックします。


3738_05_jp



手順 12

レジストリにデータが正常に追加されると、以下のメッセージが表示されます。[ OK ]をクリックします。


3738_06_jp



手順 13

ログファイルは、C ドライブ直下( ルートディレクトリ )に、< 一意の名前 > + _ids の形式のファイル名で保存されます。

ログファイルが見つかったら、デスクトップ等のわかりやすい場所にコピーしてください。


3738_07_jp



手順 14

手順 13 でコピーしたファイルを、こちらのサポート記事 に記載の手順で圧縮します。


以上で完了です。

手順 14 で作成された圧縮ファイルを、カスペルスキーのテクニカルサポートから依頼された方法で担当者に提供してください。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了