kl1_log を使用したログの取得方法

 

記事一覧: レポート取得

 
 
 

kl1_log を使用したログの取得方法

"レポート取得"へ戻る
更新日: 2020年02月27日 Article ID: 3738
 
 
 
 

カスペルスキー製品で発生した問題を調査するために、カスペルスキーのテクニカルサポートが、ネットワークに関する情報を収集する kl1_log ユーティリティ でのログファイルの取得をお願いする場合があります。


この操作は、カスペルスキーのテクニカルサポートから依頼された場合にのみ、実行してください。



kl1_log ユーティリティを使ってログを取得する



手順 1

kl1_log ユーティリティ が含まれる kl1_log.zip をダウンロードし、解凍用ツール(WinZip など)で解凍します。




手順 2

以下の手順で、カスペルスキー製品のセルフディフェンス機能を オフ にします。

  1. カスペルスキー製品のメイン画面左下にある歯車のアイコンをクリックします。
  2. [ 詳細 ] - [ セルフディフェンス ] の順にクリックします。
  3. [ セルフディフェンスを有効にする ] のチェックボックスを オフ にします。


手順 3

手順 2 で解凍した kl1_log フォルダーを開き、kl1med_on.reg ファイルをダブルクリックして実行します。


3738_01_jp



手順 4

このメッセージが表示されたら、[ はい ]をクリックします。


3738_02_jp



手順 5

このメッセージが表示されたら、[ OK ] をクリックします。


3738_03_jp



手順 6

コンピューターを再起動すると、kl1_log ユーティリティ でのログファイルの取得が開始されます。再起動後に問題を再現させてください。



手順 7

問題を再現し終えたら、手順 2 で解凍した kl1_log フォルダーを開き、kl1med_off.reg ファイルをダブルクリックして実行します。


3738_04_jp



手順 8

このメッセージが表示されたら、[ はい ]をクリックします。


3738_05_jp



手順 9

このメッセージが表示されたら、[ OK ] をクリックします。


3738_06_jp



手順 10

ログファイルは、C ドライブ直下( ルートディレクトリ )に、< 一意の名前 > + _ids の形式のファイル名で保存されます。


3738_07_jp



手順 11

レポートファイルを、こちらのサポートページ に記載の手順で圧縮し、カスペルスキーのテクニカルサポートから依頼された方法で担当者に提供をお願いします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了