Microsoft Outlook ログの取得方法

 

記事一覧: レポート取得

 
 
 

Microsoft Outlook ログの取得方法

"レポート取得"へ戻る
更新日: 2019年12月25日 Article ID: 7211
 
 
 
 

Microsoft Outlook がインストールされている端末で、カスペルスキー製品の誤動作が発生した場合、原因を調査するために、Microsoft Outlook ログファイル の取得をカスペルスキーのテクニカルサポートから依頼される事があります。以下の手順で取得をお願いします。


Microsoft Outlook のログファイル生成を有効にする


Microsoft Outlook 2010 の場合:

  1. Microsoft Outlook 2010 で [ ファイル ] - [ オプション ] - [ 詳細設定 ] の順に選択します。
  2. [ トラブルシューティングを記録する(Outlook の再起動が必要) ] のチェックボックスにチェックを入れ、[ OK ] をクリックします。
  3. Microsoft Outlook 2010 を再起動します。

Microsoft Outlook 2003 / 2007 の場合:

  1. Microsoft Outlook 2003 / 2007 で [ ツール ] - [ オプション ] の順に選択します。
  2. [ その他 ] のタブを開きます。
  3. [ 詳細オプション ] をクリックし、[ 動作履歴を記録する(トラブルシューティング) ] のチェックボックスにチェックを入れ、全て [ OK ] をクリックして閉じます。
  4. Microsoft Outlook 2003 / 2007 を再起動します。

このオプションを有効にすると、Microsoft Outlook 2003 / 2007 / 2010 とメールサーバーとの間でメッセージが送受信される都度アプリケーションのトラブルシューティング用にログが記録されるようになります。


トラブルシューティング後に、必ずログファイルの生成を無効にしてください。無効にするまでログが記録され続ける為、ハードディスクの空き容量を圧迫する可能性があります。


ログファイルの保存場所


POP3, SMTP, および MAPI プロトコルの場合:

%temp%\Outlook Logging\Opmlog.log

IMAP プロトコルの場合:

%temp%\Outlook Logging\IMAP-usernamedomainname-date-time.log

Microsoft Outlook を終了するまで、ログが記録されない場合があります。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了