カスペルスキー製品でのハードウェア仮想化による保護について

 

記事一覧: ネット決済保護

 
 
 

カスペルスキー製品でのハードウェア仮想化による保護について

"ネット決済保護"へ戻る
更新日: 2022年05月19日 Article ID: 13713
 
 
 
 

対象製品:

  • カスペルスキー インターネット セキュリティ
  • カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ
 
 
 
 

ハードウェア仮想化とは、1 台のコンピューター上で同時に複数のオペレーティングシステムを実行できるようにする技術です。カスペルスキー製品では、保護されたブラウザーでこの技術が使用されており、クリップボードまたはフィッシングを使用して個人データを傍受する可能性のある複雑なマルウェアに対する追加の保護を提供しています。ハードウェア仮想化を使用できる場合は、保護を強化するために有効化することをお勧めします。

ハードウェア仮想化は、Windows 8、8.1 または 10 の 64 ビット版でのみ使用できます。
お使いのコンピューターでこの機能を使用できるかどうかは、こちら のガイドでご確認ください。

ハードウェア仮想化を使用できるはずなのに作動しない場合は、こちら のガイドに記載された手順に従ってください。

 
 
 
 
 

ハードウェア仮想化を使用できるか確認して有効化する方法

 
 
 
 
 

ハードウェア仮想化による保護が機能しない場合に考えられる理由

 
 
 
 
 

Windows 10 の BIOS でハードウェア仮想化を有効化する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了