カスペルスキー製品をアンインストール後に残存する場合があるファイルについて

 

記事一覧: アンインストール

 
 
 

カスペルスキー製品をアンインストール後に残存する場合があるファイルについて

"アンインストール"へ戻る
更新日: 2019 5 22 Article ID: 12474
 
 
 
 

コンピューターからカスペルスキー製品を削除した後、ファイル update_launcher.exe が残存することがあります。また、タスク Kaspersky_Upgrade_Launcher がタスク スケジューラに残ることがあります。

この問題は、以下の製品の全バージョンに存在します:

  • カスペルスキー インターネット セキュリティ
  • カスペルスキー アンチウイルス
  • カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ

必要に応じて、ファイルを手動で削除してください。ファイルは以下のフォルダーにあります:

  • C:\Program Files\Common Files\AV\Kaspersky Lab
    ここでの「 C 」はシステムディスクを表します。このフォルダーにある  update_launcher.exe という名前のファイルを削除します。
  • [コントロール パネル] - [管理ツール] - [タスク スケジューラ]
    スケジューラの先頭ノードを展開し、 Kaspersky_Upgrade_Launcher_{278ADC42-419D-4547-A6CA-5B74BE0AD901} という名前のファイルを削除します。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了