Temp フォルダを空にする方法

 

記事一覧: Windows

 
 
 

Temp フォルダを空にする方法

"Windows"へ戻る
更新日: 2020年06月29日 Article ID: 1161
 
 
 
 

Temp フォルダは、Windows やアプリケーションの利用時に一時的に作成されるファイル(Temp ファイル)が保存される場所です。通常はプログラムが終了時に Temp ファイルは削除されますが、プログラムが異常終了した場合などに、削除されないことがあります。

Temp フォルダを空にするには:


手順 1

キーボードで [ Win キー ] を押しながら [ R キー ] を押し、[ ファイル名を指定して実行 ] 画面を開きます。


Common_12826_02



手順 2

[ %TEMP% ] と入力し、[ OK ] をクリックします。


Common_Windows_Temp_Win_R



手順 3

Temp ファイルが保存されているフォルダが開きます。

Ctrl キー ] を押しながら [ A キー ] を押します。次に [ Del(Delete キー) ] を押し、Temp ファイルを削除します。



Temp フォルダ内のファイルが削除され、ディスクの空き容量が増えます。

Temp フォルダ内の一部ファイルは、そのファイルを作成したアプリケーションが実行中の場合などに、削除を行えないことがあります。特定のファイルを削除できない旨が表示された場合は、[ スキップ ] をクリックします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了